色のセレクトショップ Planet Angel

買い付け旅行での様子・見たもの・感じたこと・ひとり旅には付き物の思わぬトラブル・思わぬ出来事・感動など、Planet Angelの視点からお伝えしていきます。

終わり良ければすべて良し

昨日の災難を引きずるように、朝から地下鉄ストのニュース(暗)

ガーン!(古い?)

まぁ、イギリスではよくあること。



バスを乗り継いで行きますが、どこに行くにも、とにかく時間がかかります(涙)

時間に追われているわけではないけれど、なんだか疲れるわ。。



いつも真っ先に行くショップに到着。

お店に入って見渡すと、、、、ホーンジーがいっぱい!!

テンションが上がり、これまでの疲れが吹っ飛びました。



ひとつ残念だったのは、イギリスから船便で送るときの規制が少しずつ厳しくなり、
いままで25kgまで送れたのが、10kgまでになっていたこと。

これは予想外でした。

もちろん10kgは軽く超えていたので、送れなかった分は、次の目的地に持ち越しです。



それでも、お目当ての品がたくさん見つかったことは、何よりも代え難い。

終わり良ければ、すべて良し。 

・・・ということにしておこう(笑)



イギリスでも、ニューMiniは人気でした。

一難去ってまた一難の一日

今日は、ベルリン から ロンドンへ移動の日。

午後のフライトまで、発送業務。

最寄のポストが遠く、仕方なくテクテク20分ほど歩いて行きました。


帰りの途中に、アンティークショップを発見。

そこで、70年代の置時計と、50年代のフォトフレームを衝動買い♪

たまには違った嗜好のものもいいよね。

良いモノには、変わりがないのだから(^^)


こんな感じで穏やかに午前中が過ぎて行きました。

午後からはシェーネフェルド空港に移動、そしてTake off for Lodon !

短いフライトなので、窓側に座わりました。












16時30分、ロンドン到着。 あいにくの雨。。。








ロンドンは、スタンステット空港。

LLCが多く利用している空港で、センターから50キロほど離れています。

イミグレーションのフロアーは、人だかり。

我慢強く1時間近く待ち、ようやくワタシの番が来ました。

普通に質問に答えていたら、別の場所に来るように、そしてちょっと待っててくれと言われました。

そして一枚の紙を渡され、これを読んでと言われました。

「detain」とか「right」とか、書いてある。

なんと、拘留されてしまったのです(驚!)


こんなの初めて〜 

買い付けを始めてから、ヨーロッパ圏内での動きが激しいから怪しまれているのかしら?

ドキドキして待っていると、違う職員が来て、「Keikoという名前はよくある名前か?」
と聞かれ、「とってもよくある日本人女子の名前です。」と答えると、少しの間の後、開放されました。

ホっ。 なんでも前日にKeikoという名前の人に関わる何かがあったらしい。


とにかく、イギリスに入国するまでにめちゃめちゃ時間を奪われ、ロンドン市内に着くまで
に、なんと4時間かかったのです。

夜の9時すぎ。

もうご飯を食べに行く元気もなく、ビクトリア駅でテイクアウトのお寿司を買って、ホテルに向かいます。

慣れたところということで、今回もEasy Hotelを利用。

チェックインして、カードキーを渡され、部屋に入りました。


ドアが開いた瞬間、目の前に何か吊るされているのが見えました。

何なのか理解するのに時間がかかり、とにかく部屋を覗いてみると、ベッドの上にコインとか
小物がおいてあるのが見えます。

吊るされていたのは、男性用のズポン。 えっ? 誰が使っている??


怖くなってすぐにドアを閉めて、レセプションに行き、状況を伝えると、フロントのお兄さんの答えは、

「そんなはずはない」

「そんなはずない」って言われても、本当なんです!


一緒にその部屋まで来てもらい、部屋を確かめてもらいました。 そして一言、

「ありえない」

「ありえない」って言われても、あってはいけないことが起こっているんです!!


その部屋を利用者は外出中でしたが、もし人がいるときに開けたらどうなっていたんでしょう??

考えただけでも、恐ろしいです。


レセプションで違う部屋を用意してもらいました。

ひょっとして他のゲストがワタシの部屋に突然入ってくる間違いが起こることもあるかも?
と考えるととっても怖くなり、すぐにドアが開かないように、スーツケースをドアにもたれかけさせたり
いろいろ動きまわってみます。

なんだか落ち着かない。。


でも、疲れはピーク。

ベッドに座り、もうグッタリ・・・。

いろいろ起こった1日だった。


そして、最後に起こった災難。

夕食のテイクアウトのお寿司の醤油を、ジーンズに派手にこぼしてしまいました(涙)

これは、自業自得(苦笑)

ガトウィック空港へ

今日はロンドンからベルリンへと移動。

Gatwick(ガトウィック)空港へのアクセスはいくつかありますが、私は電車を利用しています。

電車はコーチ(バス)に比べて高いのでずっと敬遠していたのですが、なんと5ポンドでGatwickまで
行ける方法がありました! その代り、時間は選べませんが。。

First Capital Connection

Buy Train Tickets に 出発・到着駅と利用日を入れて検索すると、いろんなチケットの種類が出てきます。 そのなかの、Advance Single の 料金に該当があれば、5ポンドでチケットが買えます。

Advance Singleは、すでに決められた Sourthern という会社が運行している電車にしか適用
されていませんが、空港に着くべき時間に近い時間でその設定があれば、大変お勧めです。

日本からネットから予約する際には、クレジットカードで支払がマストになりますが、
チケットの受け取りは、イギリス・ブリティッシュレイルの駅の自動発券機で簡単にできます。

ちょっと怖いけど、発券機にクレジットカードを挿入するだけで、その場で予約したチケット
が発券されます。

安くて、お手軽で、30分足らずでGatwick空港に移動できます。

ちなみに、私はいつもLondon Victoria から利用しています。

Planet Angel's View in London

地下鉄の通路もチューブ型











Baker Street駅の壁のタイルは、シャーロックホームズ柄














貴重なお天気空です!











気になる窓辺・・・ ガラスの渦巻きがステキ











なんか絵になってる












微笑ましい夫婦♪



Never Mind !

イギリスでは、ホーンジーを中心に買い付け。

同じシリーズのキャニスターがいくつか見つかったり、ステキな色あいの
お茶セットがあったり、けっこう揃いモノを仕入れました。

運ぶはとっても大変でした〜(汗)




今日の仕事を終えフラフラしていると、お土産屋さんの店先で笑える
ポストカードを発見。



食事の前に何と言うか。

イギリスの食事は缶詰やインスタントでも、Never Mind!

とても自虐的だし、マンガの絵もそれぞれの国の特徴をとらえてる(笑)



イギリスの食事は決しておいしいとは言えないけど、マンガにも出てくるbaked beans
(大豆のケチャップに煮)、ワタシはけっこう好きです。

これ↓



イギリスのスーパーには、この缶詰が必ずあります。
<< | 2/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

recent comment

TRAVEL DIARY PLANET ANGEL ∞ 週末オーナー日記 ∞ PLANET ANGEL メルマガ登録・解除はこちら

ページ先頭へ